FC2ブログ
2018/05/15.Tue

◆ゴミがゴミになる前に……そして、布としてのぬくもりが……◆

7.5m の裂き織りを織り上げて、出来るところまで仕上げを
しておきました。

まずは色別に布を切り分け、織り端をロックミシンで切り落とします。
そして出来たのがこのゴミの山……

        ゴミ4-1
ゴミと言えばただのゴミですが、これがゴミになる前にもう一仕事……

        ゴミ4-2
ちょっと色合いがけばけばしいですが使いようによっては
可愛いワンポイントになるので、この状態で次の出番を待ちます。

先日のふたり展でもこのゴミをくっつけたようなアップリケを面白いと
気に入ってくださる方もたくさんいたので、これもありかなと思っています。


そして、4枚に切り分けた布たちも水通しをしてアイロンを掛け
仕上げをしておきました。

でも…… ちょっと心にもやもやが……

確かにしっかりした布で、水通しをしたあともアイロン掛けは必要ないほど
ゆがみもしわもないんですけれど、何というか……
布としてのぬくもりに欠ける??

今まで織ってきた布とはちょっと違う……
今まで織ってきた布は機からおろすとちょっとぎしぎしした感じがしますが
水通しをしてアイロンを掛けると、とてもしなやかで優しい布に変身します。
その感じがいつもわくわくして楽しみだったのですが、
今回のこの布はほとんど変化なし……
水通しをしてもしなくても、アイロンを掛けても掛けなくても……

なんだかとても事務的な感じがして、優秀なんだけれどちょっと寂しい。

作品に仕立ててみるとまた違った感じがあるのかもしれませんが……



にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト
小物作り | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示