2017/07/24.Mon

◆木綿の古布で織った布でトートバッグ◆

四面蝉声!!
早朝から一斉に鳴き始め、今では家の周りから
蝉の鳴き声が聞こえてきます。
夏の風物詩とはいえ……うるさいです。

さて、ご注文頂いた品、最後はトートバッグです。
いくつか作ってみようと思います。

まずは、昨年木綿の古布を裂いて織った布。

縞模様をそのまま裂いて織っただけですが、素朴な風合いで
「これぞ裂き織り!!」といったいい感じの布で気に入っていたのですが、
長さが50~60㎝ほどしかないので何にしようか迷っていたんです。

今回、織り幅をいっぱいに使ってトートバッグに仕立ててみました。

       裂き織りトート12-1
       裂き織りトート12-2
布自体がかなり厚手なので裏はあまり硬い芯を貼らずに
少し柔らかめの仕上がりです。

それに口部分も織り端をそのまま使ったので縫うのにはずいぶん楽でしたが、
今まで作っていたものと比べてちょっと頼りない感じです。
もちろん内側の口部分にも芯を入れて補強はしているのですが、
布を折り返して2重にしたのとはちょっと違いますね。

内ポケットも木綿の古布を使いました。
       裂き織りトート12-3

使うことを意識していなかったのでちょっと織り端が雑ですが
いい雰囲気です。
       裂き織りトート12-4
布を全部使いきったので持ち手は革で作りました。

大きさはA4ファイルがぎりぎり入る大きさです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ
スポンサーサイト
バッグ作り | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示