2017/01/28.Sat

◆木の皮を剥いでみた……染めてみた◆

以前からやってみたかったことの一つです。
室内展示の展示用アイテムとして自然木を使っているのをよく見かけ、
いいなぁと思っていたのですが、どうやって木の皮をむくのかわからなかったんです。

でも、裏庭のろうばいの木の脇から細い幹が新しく出てきて
結構な長さになっていたので、試しに切ってカッターで皮を剥いでみました。
生木の時でなければだめというのは聞いていたので切ってすぐ剥いでみました。

       木1-1
左端が元の木です。
右2本が皮を剥いたもの。
「案ずるより産むが易し」で思ったより簡単にできました。
使ったカッターは夫の道具箱からちょっと拝借して……

       カッター
これを使いました。
何に使うものかわかりませんが、とても剥きやすかったです。

とりあえずはタペストリー用の棒にならないかと考えていますが
そのほかの展示にも使えそうです。


そして、せっかく皮を剥いたんだから、それで染めてみるべきだという
夫の言葉に後押しされて、少しだけ染めてみました。

       ろうばい1-2
175gありました。
皮だけというのがどんなものかと思っていましたが、
結構いい色が出ました。

       ろうばい1-3
これは1回目煮出したものです。
染め液がもう少し欲しかったので2回、3回と煮出したのですが
3回目に煮出したものはちょっと茶色っぽい感じが……
そして4回目に煮出したものは明らかに茶色だったのでこれは捨てました。

3回目のものまで使いましたが、染め上がりは薄い茶色になりました。
シルク糸100gです。
       ろうばい1-4
最初の液だけにしておけばよかったのかな。

最初にろうばいで染めたときにはろうばいの花の色と同じような
きれいな色が出てとてもうれしかった記憶があったので……

そういえばまだあったかなと、引き出しの奥を探したら
まだ残っていました。

       ろうばい1-5
もう7~8年以上も前に染めたものなので少し色が落ちていますが、
ほんのり黄色味が残っていますね。
最初はもっと黄色だったのですが……

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
染め | Comments(2)
Comment
ロウバイ
こんにちは。先日私もロウバイで染めました。まあうちの場合はもらいものなので少量ですが…。お庭に色々木があっていいですね!
こんなきれいな液、羨ましい…。うちの液は最初から明らかに茶色でした(笑)。皮だけだといいのでしょうか。
『草木染め大全』によると、ロウバイは絹よりウールの方が染まるみたいですね。そしてアルカリ抽出はいい色が出るけど銅媒染以外は堅牢度が弱い。中性抽出ならどれも堅牢度はいいらしい…。
Rico様
こんにちは。
私も最初に染めたときは枝ごとチョキチョキ切って染めたのですが、皮だけでも結構色が出るんですね。特に切ってすぐだったせいか、固い皮の下にある黄緑の部分からとてもいい色が出たように思います。
『草木染め大全』、私も持っているのでさっき確認しました。
いつも染めた後に見るんですね。
ウールのアルカリ抽出の銅媒染がしっかりした緑でいいですね。
もう一度皮を剥いでみようかと思っているので、次はあの緑を目指してみようとおもいます。

管理者のみに表示