2015/11/08.Sun

◆貼り合わせた裂き布で……◆

今日は朝から雨が降ったりやんだりのお天気です。
第1回岡山マラソンが行われています。
晴れの国岡山としてはちょっと残念ですが、皆さん頑張って欲しいですね。

さて、ちょっと記念に、まずは孫の写真です。
昨日nami と narimichi が遊びに来たのですが、narimichi が初めて
シャボン玉をしたのでここに記録しておきます。

初めてにしては息の強さを加減して大きく膨らませたり
勢いよくたくさん飛ばしたり……
教えもしないのに……ばばは感動しました。 本人も大喜び。
   シャボン玉
         シャボン玉2



さて、貼り合わせた裂き布でマフラーを織り始めました。
でも薄い色の胴裏は接着剤がしみて少し色が変わっています。
最初の頃貼り付けたものはちょっと気になります。
織ってみると……
       裂き織りマフラー23-3
染めむらといえなくもないのですが、気になる人は気になるかな。

こつはできるだけ接着剤を薄ーくつけること。薄くつけても接着力は十分です。
薄くつけて貼り付けたものはほとんど気にならないです。
でもこの薄く塗るのがなかなか大変、もう少し工夫しなければ。

貼ったあとアイロンで押さえれば時間はかかりません。
すぐくっつきます。バッグづくりに使っているこてアイロンが重宝しました。
       裂き布11-3

色むらを少しでも隠すために胴裏の部分だけ
裂き布の巾が2/3くらいになるよう打ち込んでみました。
       裂き織りマフラー23-2
銘仙は接着剤がしみることもなく継ぎ目はほとんど
わかりません。したがって裂き布をつぶさないように織っています。
       裂き織りマフラー23-1
布をつぶさず織るこつは、私の場合、裂き布と糸を一緒に打ち込みます。
つまり、
  
    裂き布を入れる → 踏み換える → 糸を入れる → 踏み換える → 打ち込む

ということです。もちろん打ち込みは様子を見ながら優しく優しく……
2段に1回の打ち込みなので時間短縮にもなりますね。

……などと偉そうに講釈をたれていますが出来上がりはどうなんでしょうか??
今日中には織り上げたいですね。


にほんブログ村
スポンサーサイト
織り | Comments(4)
Comment
No title
こんばんは
お節介です。 ノリの事ですが のりべらに少量ノリをつけ 
それを伸ばすように 付けると どうでしょうか?
なれると 厚くも薄くも付けられるとおもいます。
pocce様
アドバイスありがとうございます。
私もそれを試しているのですが、
うまくいったりいかなかったりなんです。
やはり慣れでしょうか。のりベラの弾力も
関係あるかなとも思うのですが……

pocckeさんは革のバッグを作られるんですよね。
HPを見せて頂きました。素敵なバッグがたくさん……
接着剤の扱いには慣れていらっしゃいますね。
またいろいろ教えてくださいね。
No title
おはようございます。
のりは よく使います。 余りよく考える事もなく・・・・(笑)
接着面が少ないので 先の方に少しのりを取って ヘラを立てるようにして 布面をこする感じで付けたらどうでしょうか。
私は 接着面が広い時は やはり 先の方に適量のノリをつけて ヘラを寝かせてつけるようにしています。
お節介でごめんなさい。
私もいろいろ伺ってご迷惑をかけていますので 少しでも お役にたてたらの気持ちです。
poccke様
ありがとうございます。
とても参考になります。
またいろいろ試してみますね。

管理者のみに表示