FC2ブログ
2019/12/03.Tue

◆ 次に織るものは……経糸の太さ◆

今日は朝からいいお天気です 

次は何を織ろうかとまだ決めかねていますが、
今、手織り教室のノッティングでたこ糸を扱っているので、
たこ糸を経糸にして裂き織りの椅子敷を織ってみようかと
思い始めました。

さかのぼること6年ほど前、いろいろと椅子敷きを試していた時期がありまして、
たくさん織ってはみたのですが、なかなか商品にはなりきらず、我が家の
あちこちで便利に使っています。

その中の1枚が裂き織りの横二重織りで織ったこちらの椅子敷き……
高機用の椅子に敷いています。
      椅子2
      椅子敷き8
私の重いお尻の下に敷かれて早6年……
いい感じになっています。

今回これを、市松模様ではなく表と裏の色を変えてリバーシブルの
椅子敷きにしてみてはどうかと思っています。

ここで使ったのはたこ糸の10号です。(太さ約1.4㎜)

ちなみに、今取り組んでいるミニノッティングで使っているのは
8号 (太さ約1.2㎜)です。
最初の1枚目は10号で織ってみましたがちょっと太すぎたので
8号にしてみました。 6号 (太さ1㎜)でも大丈夫だと思います。
今回のミニノッティングは経糸密度が 4本/1㎝です。

今まで大きいサイズの椅子敷きは 2本/1㎝の経糸密度で織っていましたから
こちらの方だと20号くらいで織っていたように思います。

横二重織りの織り方も忘れてしまったのでちょっと復習しながら
経糸準備をしてみましょう。



にほんブログ村


にほんブログ村 
スポンサーサイト



織り | Comments(0)
 | HOME |