FC2ブログ
2019/11/14.Thu

◆ 3個目はシンプルに……◆

3個目のトートバッグが完成しました。
ごくシンプルに、前面にポケットを貼り付けただけです。
      裂き織りトート42-1
スマホを入れようと思えば入れられる大きさのポケットです。
      裂き織りトート42-2

口部分はマグネット留めにしました。
      裂き織りトート42-3

今日は岡山で友人たちとおしゃべりです。




にほんブログ村


にほんブログ村 
スポンサーサイト



バッグ作り | Comments(0)
2019/11/13.Wed

◆ 小さめトートの2個目が完成です……◆

ちょっと小さめの裂き織りトートの2個目はこんな感じです。
      裂き織りトート41-1

背面にポケットをつけました。
      裂き織りトート41-2

内ポケットは紬の着物地で……
      裂き織りトート41-3

どんなデザインにしようか、なかなかいい案が浮かばず
のろのろモードです。
でも硬い芯を貼らないものはとても縫いやすいので気分的には楽ですね。



にほんブログ村


にほんブログ村 
未分類 | Comments(0)
2019/11/12.Tue

◆ 昨日はノッティングで、マグネットマーカーにヒントをもらい……◆

今日は朝からいいお天気です 

昨日は手織り教室でした。
ノッティングの次の作品に取り組むべく緯糸の準備などして、
少し織り始めてみました。
      ノッティング5-2
今回は、手織りを始めた頃にマフラーを織ろうと買った
極細の毛糸がたくさん残っていたので、それをを緯糸にしてみました。
14本取りです。
綿糸とは違ったふっくらとした仕上がりになっています。

1段織るごとに毛足を揃える と教えて頂きました。
毛足がきれいに揃っています。


そして、昨日の朝、箕輪先生のブログを見たとき、これだ!!と思いました。

図案に定規を当てながら、毎段織っていましたが、なにかいい方法はないかと
もやもやしていたんです。そして箕輪先生ご紹介のマグネットマーカーを見て、
私が欲しかったのはこれだとピーンときました。
もちろんこんな立派なものではなく、お得意の百均で材料を調達し
作ってみました。
      ノッティング5-1
作ったと言うほどのものではありませんが、買ってきたのはマグネットタイプの
ホワイトボードです。それに家に転がっていたプラスチックの定規にマグネットを
つけて、定規の端にマジックで色をつけただけです。

立てかけても使えるし、ぶら下げても大丈夫、もちろん手元に置いて
近くで確認することも出来ます。
段を移動するのもスムーズです。

もう一つのポイントは、前の段が透けて見えると言うこと。
一段飛ばしたまま織り進むと言うこともあり得るので、常に
確認しながら織らないと安心できません。

今回の作品はグラデーションをちょっと意識しています。
それにしても、昨日の手織り教室で見せて頂いたみなさんの図案の
素敵なこと。いつもこんな簡単な図案で恥ずかしくなりますが、
少しずつ進歩できたらいいなと思っています。



にほんブログ村


にほんブログ村 
織り | Comments(0)
2019/11/11.Mon

◆ 1個目はファスナートートに……◆

今朝は珍しく雨です 

小さめの裂き織りトート1個目が完成しました。
      裂き織りトート40-1
この大きさのトートバッグは今までファスナーをつけていなかったのですが、
今回はファスナーをつけてみました。
前面に小さなポケットをつけました。

      裂き織りトート40-2
内側はいつものA4トートと同じポケットがついています。
B5サイズが入る大きさのトートバッグです。



にほんブログ村


にほんブログ村 
バッグ作り | Comments(0)
2019/11/10.Sun

◆ ウールのベストにリメイク……◆

おはようございます 
今日もいいお天気。
今日は東京では即位のパレード、岡山では第5回岡山マラソンがあります。
どちらも私は関係していないけれど、このお天気を見るとなんだか気持ちが
晴れ晴れしますね。


昨日はバッグ作りに取りかかるはずが、ふと思いついて横道にそれてしまいました。
何年か前にウールの布を織り、暖かいロングチュニックを作ろうと
途中までやっていたのですが、ちょっと思い通りのものが出来ず、
そのままになっていたものがありました。
捨てるわけにもいかずなにかにならないかと思っていたのですが、
いつも作っているベストにならすぐリメイクできそうなので作ってみました。

総裏つきで……リバーシブルとも言います。
2枚の布を接ぎ合わせていたのでそのまま使いました。
      ベスト17-2
      ベスト17-1
いつもと同じ形ですが、裏付きもこのパターンならなんとか出来そうです。

留めにブローチを……
初めて木製の土台を使ってみました。
      ベスト17-3
      ベスト17-4
なかなかいい感じです。
厚手のウールに着物地の裏がついているのでとても暖かいです。



にほんブログ村


にほんブログ村 
小物作り | Comments(0)
2019/11/09.Sat

◆バッグの 持ち手が完成し……◆

ここのところ毎日いいお天気でうれしいです 
今日も朝からやる気満々です。


バッグの持ち手が完成しました。

昨日の作業は、持ち手を半分に折って縫います。
取り付け部分を左右5㎝ほどそのままにしています。
      持ち手5-5
長年の試行錯誤の結果、最近では手芯を入れる前にちょっと道筋を作ってやることにしています。
百均で買った編み物針ですがこれを最初に突っ込んで手芯の通る穴を作ります。
      持ち手5-6
これは12号の針ですが、かなりきつめです。
でも、これが通ると手芯もなんとか通ります。
それに道筋を作ってやると途中で針が裏布を突き破らずに済みます。

5組の持ち手ができました。
      持ち手5-4


今日からバッグ本体に取りかかりましょうか。



にほんブログ村


にほんブログ村 
バッグ作り | Comments(0)
2019/11/08.Fri

◆ 母の手提げを手直しし……◆

今朝もいいお天気です 

昨日は久し振りに実家の様子を見に行ってきました。
特に変わったこともなく、除草剤のおかげで草もほとんど生えていませんでした。
これからしばらくは草の心配をしなくて済みそうです。

実家で、母が何十年も前に手作りした袋をみつけました。

実は母が毎週デイケアに持って行っている袋も母が昔自分で作ったものですが
少し前からこの状態でした。
      袋物1-1
新しい袋を作ってあげようかどうしようか迷っていましたが、
最近の母はしっかりしているようでよくわかっていない……
「これが新しい袋よ」と渡しても、そのときは「はいはい」と言うものの
すぐ後で自分の袋がないと探し回りそうで……

でも、昨日実家で同じパターンの袋を見つけ、これこれ!!とうれしくなりました。
ちょっと縦長で底が深かったので、帰ってから少し手直しをしました。
      袋物1-2
      袋物1-3
手直しと言っても、底にマチをつけ、紐にループエンドと正面にブローチ
をつけただけです。
この袋は木綿の生地にチュールを重ねたちょっとおしゃれな袋です。

帰って母に「この袋に替えるからね」と言うと、それは自分が作った
ものだと言っていましたからきっと大丈夫でしょう。


そんなこんなでバッグの持ち手作りは完成には至りませんでした。
      持ち手5-3



にほんブログ村


にほんブログ村 
バッグ作り | Comments(0)
2019/11/07.Thu

◆ 縮絨の結果とバッグの持ち手制作……◆

今朝は薄曇りですがお天気は良さそうです 

昨日はまずウールとシルクで織り上げた布を縮絨してみました。
      マフラー8
結果は……却下!!
マフラーとしてはまずまずの合格点だとは思うし、布としても安定しているのですが、
それはウールのマフラーとして……シルクらしさは消えてしまっています。
裂き織りマフラーと言うにはちょっと……と言う結果でした。 (あくまで個人的感想です。)

ちょっと期待していたのですが、残念でした。

気を取り直してバッグ作りに取りかかりましたが、ちょっと気持ちが入らないので
とりあえずは持ち手作りから始めました。
      持ち手5-1
5組分の持ち手……裏側は……
      持ち手5-2
この後裏布を貼り、半分に折って縫い、手芯を通して出来上がりです。

今日中に持ち手だけでも完成させたいですね。



にほんブログ村


にほんブログ村 

バッグ作り | Comments(0)
2019/11/06.Wed

◆ バッグ作りを再開します……◆

今日もいいお天気です 
ここのところのお天気続きはうれしいですね。

でもだんだん冷え込むようになり、着る物に困っています。
朝と昼、外と家の中の温度差が大きく何を着ようかと……
そこで昨日はふと「そうだ、ユニクロの極暖だ!」と思いついて
速攻行ってきました。

そこで驚いたこと……
今まであったレジがない!!
新しいシステムになっており、スーパーのセルフレジかと思いきや、
なんと商品を入れたかごを置くだけで、一瞬で買ったものの一覧が表示され、
合計金額が出てくるので、後はお金を入れて自分で袋詰め……
なんだか狐につままれたようでした。

テレビのニュースでは無人のコンビニの映像などを見ていましたが、
こんな地方都市にもじわじわとAIシステムが導入されるんですね。
スーパーのセルフレジも敬遠している私、ついて行けるかしら……


さて、次のバッグ作りに取りかかろうかと思います。
次はちょっと小さめのトートバッグです。
これも5個作ろうかと思い、本体の布だけ裁断しました。
      裂き織りトート39
デザインは全くの白紙。
一つずつ布を眺めながら考えます。



にほんブログ村


にほんブログ村 
小物作り | Comments(0)
2019/11/05.Tue

◆ マフラーから布見本へ……◆

今朝も気持ちのよいお天気です 

昨日、2階のPCルームで作業をしていたら、裏の田んぼで
大きな音を立てて稲刈りをしていました。
窓から外を見てみると、おなじみのサギたちが稲刈り機の
後をぞろぞろついて回っていました。大きなエンジン音や
ときどき発せられるピッピッピッというバックの警告音にも
おびえることなくときどきえさをついばみながら……
      サギ5
虫かカエルが飛び出してくるのを待っているのでしょうか。
たくましい鳥たちです。


さて、裂き織りマフラーですが、一応一枚分の経糸をたてていたのですが、
マフラー1枚織って使い物にならなかったらいやだなと思い始め、
どうせならいろんな裂き布を使って胴裏以外でもマフラーになりそうな布が
ないかどうか、布見本を織ってみることに変更しました。

そして、1枚目は切り離してみました。
      裂き織りマフラー28-3
さすがに経緯ウールの糸なので布はしっかりしています。
縮絨でどれくらい柔らかくしなやかになるのか……

そして試してみたい緯糸は以前から思っていた大島と銘仙です。
どちらも裏表がないのでこのタイプのマフラーには合っていると思うのですが……
今までも差し色にはよく使っていましたが、これだけで織ったことはないので
この際ちょっと織ってみようと思います。

まずは大島です。
      裂き織りマフラー28-4
      裂き織りマフラー28-5
何事もやってみないとわからない……ですね。



にほんブログ村


にほんブログ村 
織り | Comments(0)
2019/11/04.Mon

◆ 手織り教室課題のマフラー……◆

今日もいいお天気です 


今期手織り教室の課題のマフラーの中に異素材を組み合わせて作る
マフラーというのがあります。それぞれの素材の特性を生かして
マフラーを織ってみるというものですが、ちょうど私がやってみたかったものと
ぴったり合うので、ちょっとやってみようと思います。

それはウールと組み合わせた裂き織りマフラーです。
今まではすべてシルクで織っていましたが、ウールと組み合わせることで
縮絨した際に緯糸の裂き布がしっかり固定されるというのですが……
実際にやってみないとなぁ……と以前から思っていたんです。
今期の課題にぴったりなので、是非ここで試してみようと思います。

経糸と間に織り込む糸をウールにして少し織ってみました。
       裂き織りマフラー28-1
       裂き織りマフラー28-2
ちょっと色が薄くてわかりにくいですが、ここまではシルクの糸と
あまり変わったことはありません。
機からおろした後と、縮絨した後どうなるかですね。
それと肌触りが心配です。
ウールはどうしてもちくちくするので……

いろいろ確認したいことがあります。



にほんブログ村


にほんブログ村 
マフラー・ストール | Comments(0)
2019/11/03.Sun

◆ 綿の収穫と最近買った手織りの本……◆

昨日は一日中とても気持ちのいいお天気でした。
家の中で作業をしていてもお尻がむずむずしてきてつい外へ出たくなってしまいました。

そこで何度目になるでしょうか、綿の収穫をしました。
今年の綿は豊作と言えるのでしょうか。
どの実も大きく膨らみ、ここのところの好天もあってか、どれも気持ちよく
ふっくらと弾けています。

今年収穫しているのはこれだけ。
    綿の収穫3
白の洋綿はあと1回くらいの収穫で終わりそうですが、
和綿はもうしばらく続きそうです。

昨日ホームセンターに行ったとき大きなざるを2つ見つけたので
買っておきました。手前の二つがそれです。


さて、私が手織りを始めたのは最初は独学だったので、手織りの本は
たくさん持っています。
私が手織りを始めた頃は今ほどインターネットが充実していなかったので
頼りにするのは本でした。最初の頃はよくわからないまま参考になりそうな
本は手当たり次第購入していました。

だから、手織りの本も売るほどあるのですが、それでも欲しくなってしまうんです。
最近は余り難しい本ではなくて、ごく基本的な本が欲しくなります。
いつも適当に自己流でやってしまうので、本当はどうするのが正しくて効率的なのか
知りたくなるんですね。

先日買ったのがこの本です。
     本13-3
がらくた織物工房のRikoさんが紹介してくださっているのを見て
欲しくなりました。
小さな作品の小さな本ですが、初心者向けのとてもわかりやすい本でした。
今までやっていたつづれ織りとはちょっと違った織り方で、ちょっとやってみたいです。
でも、このキリムの味わいはやっばり糸でしょうね。

そしてもう一つ買ったのは、先日手織り展で永井さんに教えて頂いた
こちらの本です。
      本13-1
手織りと言うよりは編み物といったがいいのでしょうか。
漁師さんが編んでいるあの網の編み方です。

これはスピナッツの「できるシリーズ」という、本と言うより冊子といったほうが
いいくらいのものですが(全部で19ページ)、あばりあみの編み方が図解で解説されています。
なにかに応用できないかと妄想だけは広がっていきます。



にほんブログ村


にほんブログ村 
綿のこと | Comments(0)
2019/11/02.Sat

◆ ミニタペの試作が終わり、今後の課題……◆

今日も申し分のないお天気です 
さあ、やるぞ!!と言う気持ちがむくむくわき上がるようなお天気です。

ノッティングのミニタペストリー、試作の2枚目が織り上がりました。
前回より経糸も緯糸も少し細くして……
      ノッティング4-2
出来上がりサイズは12.5㎝×13.5㎝でまずまず正方形と言ってもいいサイズです。
きちんと計算して準備した緯糸も、残ったのは白40㎝、青80㎝で、こちらも
まずまずでしょう。次からも1マス6㎝で計算しましょう。
      ノッティング4-3

でも、新たな失敗もありました。
この青の糸は4種類の綿糸を引き揃えて使っているのですが、その中の1本が
色が出る糸だったようで、織っては撫で織っては撫でしている間に模様周りの
白糸が青く染まってきたような……

糸もきちんと吟味しなければいけませんね。

今後の課題としては、一応ミニタペストリーと言うことなので
壁に飾ることも意識してデザインや色の工夫が必要ですね。
そして、最後の仕上げ。よく切れるハサミできちんと仕上げをすれば
もう少し模様がすっきりすると思うのですが……

2019年度後期は始まったばかりですから、これからいろいろ試しながら
いろんな作品を作ってみたいと思います。



にほんブログ村


にほんブログ村 
織り | Comments(0)
2019/11/01.Fri

◆ ノッティングの緯糸準備……◆

今朝も雲一つない青空が広がっています 
ちょっと寒いですが、日中は暖かくなるでしょう。

ノッティングのミニタペストリーをもう1枚織ってみます。
緯糸を準備しました。
      ノッティング4-1
うまくいかなかったのは経糸と緯糸が太すぎたからではないかという
推測が当たっているのかどうか……
前回より少し細めにしてみました。

そして、もう一つ……
緯糸をきちんと計算して準備してみようと思いました。
いつも適当なので今回は緯糸の必要な長さを計算して準備してみました。

模様は23マス×23マスなので全部で529マス。
そのうち模様の青部分が201マス、したがって白部分が328マスになります。
1マスを6㎝で計算しました。

   201マス×6㎝= 12m6㎝
   328マス×6㎝= 19m68㎝

とりあえずこれで準備してみました。
これで足りないようなら1マス7㎝で計算しなければなりませんね。
ちょっと織ってみます。



にほんブログ村


にほんブログ村 
織り | Comments(0)
 | HOME |