2010/12/24.Fri

枇杷ストールの2枚目です

枇杷ストールの1枚目が織りあがりました。

薄手ですが、いい感じになるのではないかと期待しています。
続けて2枚目にはいりました。

緯糸だけ変えるつもりだったので、あれこれ試し織りをしてみましたが、
どれもイマイチだったので、思い切ってミントで染めた糸を使ってみました。
      
       枇杷ストール4
       枇杷ストール5
何色って言ったらいいのでしょうか。
草木色とでも言いたいほんのり緑色がかった色です。
       ミント

枇杷のピンクとはちょっと違うのですが、何となく微妙な色合いに
なるのではないかと期待して……

この糸は、ハーブのアップルミントで染めています。
このアップルミントはとても重宝しています。

庭に植えておけばいくらでもはびこるし、ほぼ年中あります。
私の場合、「困ったときにはアップルミント」って言うくらいです。

化学染料で染めた後、重ね染めすると落ち着いた色合いになります。
そんなにたびたびやるわけではないのですが、3年ほど前にやったものです。
糸は麻です。
ミント2

この麻糸を使って織ったストールです。

     麻ストール
スポンサーサイト
マフラー・ストール | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/22.Wed

何となく片付けモード?

今日も暖かいいいお天気でした。
年末が近づいてどうも落ち着きません。

正月準備は最後の週、少なくともクリスマスが終わってからと
思っていたのですが、今年も後十日を切るとどうも落ち着かず
少しずつ仕事場(本当は工房と言いたいんですが……)の片付
けモードに入っています。

片付けとなるとどうしても山のような糸や布の在庫に目をつむ
る訳にもいかず、かといってそれに手をつけると収拾が付かな
くなりそうな気もするし。ということでどうしたものかと……

そんなことばかりも言っておられず、裂き織り用の古布を少し整理しました。
     古布
古いカレンダーを丸めて芯にし、それに同じ種類の布を巻き付けて……
ずいぶんすっきりまとまり、後からの出し入れもスムーズになりそうです。

そんな作業の中で見つけたもの。
      棟方志功
いい色合いでしょ?
使っていたカレンダーは棟方志功の版画。
白黒がほとんどの中、はっと目を引かれました。早速パチリ。
こんなことをしているからなかなか仕事もはかどりません。

在庫の糸も一度思い切って整理しないといけないなぁと思っています。
何かいい方法はないものでしょうか?

そんなこんなで、枇杷のストールもまだまだです。
      枇杷ストール3


未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/19.Sun

枇杷ストールは杉綾で

今日は久しぶりにぽかぽかといいお天気でした。
年末にこんな日がたくさんあると助かりますね。

枇杷のストール整経まではしていたのですが、裂き織りの布ができあがると
バッグ作りは年が明けてからとはいいながら、布を眺めながらどんな
バッグにしたらいいかあれこれ考えては落ち着かず、なかなか筬・綜絖通し
がはかどりませんでした。

筬・綜絖通しがやっと終わり、なんとか今日から織り始めました。
今回は通し順が「12341234321432」の杉綾で通してみました。
       枇杷ストール1
       枇杷ストール2

杉綾とは言っても、経糸緯糸どちらもびわで染めた糸なので、あまりはっきり
した模様は出ていません。
どちらかというと経糸はつやのあるシルクで緯糸はつやのない柔らかい
紬糸です。緯糸は少し濃いめに染めた糸にしてみました。

ストールなので柔らかく織りたいと思います。
今回経糸密度は100本/10㎝です。
マフラー・ストール | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/16.Thu

裂き織り終わりました

昨日今日と寒いですね。北海道ではマイナス20度以下だとか。
岡山でも今日の最低気温は0度ですもんね。

部屋にこもって作業をするにはいいですが、このどんよりした
空を眺めていると、あまり何事もやる気は起こりません。

でもやっと裂き織りが終わったんです。ほんの一部ですが並べてみると
ずいぶんとりとめのない織りですね。

   裂き織り4
   裂き織り5
一応出来上がりをイメージしながら織ってはいるのですが、
いざ作ろうとすると、「うーん」と言うことも多いんですよ。

機からおろして計ってみたら12mありました。
なにしろ20m整経したのは初めてだったので織っても織っても終わりませんでした。

前半部分もたくさんあったのですがそれよりもっと多かったんですね。

年が明けたら縫い物にも精を出します。

織り | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/15.Wed

心強い助っ人!

先日の柚子の皮で染めたシルク。こんな色になりました。
         柚子染め糸
ちょっとうまく色が出ていませんが、淡いレモン色です。
とても優しい色になりました。



さて、皆さんは裂き織りの裂き布をつくるとき、布をどうやって裂きますか?

私は、まずは手で裂きます。テレビを見ながらだったり、
夕飯の準備の後夫が帰ってくるまでのわずかの合間だったり。
とにかくちょっとした時間を利用して少しずつ裂けますからね。

でも手で裂けない布もたくさんありますよね。
そのときはロータリーカッターで裂きます。
        カッター
これが一番効率がいいかもしれません。
でも、肩がこるんです。
だいたい私は4枚重ねて切るので、定規を押さえる左手も
カッターを持つ右手も力が入ってしまうんです。

それでひょっとすれば楽かもしれないと、何年か前に買ったのがこれです。
        ラグカッター
アメリカ製のラグカッター。金の羊で買ったのかな。
決して安くはないのですが、布がすいすい切れるのならと買ってみました。
確かにすいすい楽に切れるのですが、カッターで切るのに比べると
結局はずいぶん時間がかかるような気がします
それで結局あまり使わないまま押し入れの奥へ。

それがここへきて出番が……

裂き織りの材料、古い着物は近所の方にいただいたり、ヤフオクで古布を買ったりして
調達していました。それをほどくのを89歳になる母にお願いしていたんです。
急がないから暇暇にやってと……

ほどいた布もたくさんたまり、手で裂けるものは私が暇を見ては裂いていましたから
手で裂けない布がどんどんたまってしまいました。

そこで思い切ってこのラグカッターを使って母に布を裂いてもらえないかと
試しにやってもらいました。

「こりゃ、楽に出来るわ。私も何かすることがなきゃ。」とすいすい切ってくれました。

ラッキー! 母が布を裂いてくれればずいぶん助かります。
何しろ織ったり染めたり紡いだり、やることが山のようにありますからねぇ。

働き者の母ですが、歳と共に体も動かなくなり、あまり面倒なことは
やる気力もなく、かといって何もせずにいることにも耐えられず。

少しずつでも布を裂いてくれると私もとても助かります。
心強い助っ人です。
織り | Comments(5) | Trackback(0)
2010/12/14.Tue

次のシルクストールは?

次のシルクストールの整経をしました。
       枇杷糸1

びわで染めたシルクの紬糸と細いロービングのようなつやのある糸です。
         枇杷糸2
この2種類の糸を交互にたてました。
2本分450㎝。緯糸を変えて2本織ろうかと。
今度は織り間違いがないように慎重に織ります(というか織るつもりです)。

私はこのびわで染めたオレンジがかったピンクが好きです。
びわはよく染まるし、びわの葉もいっぱいあるのでお手軽です。
だから在庫の糸にもびわで染めたいろんな種類の糸があるんです。

とはいえ、一度冬場にびわの葉を採って染めたとき、このオレンジ色ではなくて
びわの実に近い黄色っぽい色になったことがあります。
季節によっても色が変わるんでしょうか。
(その後冬のびわを使っていないので、本当のところはわかりませんが……)

草木染めは奥が深いことは確かです。
マフラー・ストール | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/12.Sun

柚子で染まる?

紫ストール2本目が織りあがったのですが、
大きなミスをしてしまいました。

1段踏み間違いというか、踏んでいたけれど、そうこうがひっかかって
降りてきてなかったという……
織りあがって仕上げをした後気がついたんです。不覚……

いろいろ修復を試みたのですが、逆効果のようなので
これは自分用ということに。
首に巻いてしまえばわかりませんから。



で、今日の本題です。

年末もだんだん近づいてくるし、朝からお天気はいいし、少しずつ
家の中を片付けようと、今日やったのは柚子絞り。

夫が果樹園から山のように柚子を収穫してきて早1ヶ月。
柚子味噌、ゆず茶、柚子大根、そしてお隣におすそわけ。

それでもまだかごいっぱいの柚子。
後は絞るしかないと、今日はせっせとゆずを絞りました。
          柚子1
この廃棄の山を見ていると、染めてみたくなりませんか?

早速、先日買った箕輪直子さんの「草木染め大全」を見ました。
柚子はあったのですが、使っているのは「枝葉実」
とても上品な薄い色でした。

今回私が使うのははよく熟れた皮のみ。
まあいつものことですが駄目元でやってみました。
使った糸はシルクです。

         柚子2
煮出してみると染め液としてはちょっと薄いかなと思いました。

染め上がりは薄いレモン色。とてもやさしい色でした。
草木染め大全では銅媒染でほんのり緑がかった色になっていたので
銅媒染にしてみました。

         柚子3
         柚子4
緑がかった色というよりはっきりした色になったようです。
全体に柚子の皮の色がそのまま出た感じです。

乾くとどれくらいの色になるのか、楽しみです。

今日は家中が柚子のにおいでいっぱいです。
お天気はいいし、しあわせ~ といいたいところですが
この不愉快な口内炎が……
染め | Comments(2) | Trackback(0)
2010/12/08.Wed

経て継ぎしてみました

2本目の紫ストールを経て継ぎしてみました。
           紫ストール7
昨夜はなかなか慣れずちょっとストレスで1/3ほどしてやめました。

今朝、ちょっと椅子をかえてみました。
織り用の椅子ではなく少し低めの事務椅子にかえてみると
とても楽でした。少し慣れたこともあり、残りの2/3は1時間あまりで
出来ました。

作業の姿勢は大切ですね。椅子の高さは重要です。

これなら必要に応じてやってみるのもいいですね。
特に組織織りで複雑な通し順のものを糸をかえて織るときには絶対これですね。

今回の教訓。当然のことながら糸はしっかり結ぶこと。特につるつるの糸や
ぼこぼこの糸は要注意。筬やそうこうを通すときは慎重に。
しっかり結んでいたつもりでもほどけてしまうんです。
10本くらいほどけたでしょうか。

ほどけた糸を直すときも糸が交差しないように慎重に。

それさえ気をつければ、巻き取りもスムーズでした。
           紫ストール6
本当はねぇ、こんな感じの出来上がりにしたかったんですけど、緯糸をいれると
どうしても雰囲気が変わってしまうんですよね。

今回の緯糸は1本目とおなじタイプの糸で、何年も前に桜で染めた糸があったのを
思い出し、探しだしました。うすーいピンクです。
          紫ストール8
ベストではありませんが、最初の生成よりはしっくりなじむかなと……
織り | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/07.Tue

ストールの仕上げをしました

昨日織りあがったストールの仕上げをしました。

            紫ストール4
            紫ストール5
シルクらしい張りとしなやかさが出ていい感じなのですが、
色がねぇ…… 遠目に見ると全然違和感はないのですが。

出来上がり寸法 38㎝×168㎝ 房 8㎝ 重さ95g

長さがちょっと短めなのはぎりぎりまで織らず、少し余裕を残して終わらせたからです。
それは一緒に整経した2本目のストールを経て継ぎにしてみようと思ったんです。

そういうやり方があるのは知っていましたが、何百本もの糸を一本一本結んでいくというのは
気が遠くなるような感じがしていました。
でも筬とそうこうに通す手間と比べたらどうかなと思い、今回やってみようと
思い立ったのです。

70羽 40㎝ 280本です。やってみます。


マフラー・ストール | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/06.Mon

紫ストール1枚目

先日整経した紫ストールの1枚目がとりあえず織りあがりました。
とりあえずというのは最初考えていたイメージとは
ずいぶん変わってしまったからです。

紫ストールという呼び名も?です。
          
           紫ストール3
           紫ストール1
写真では赤みがかっていますが実際はもっと白っぽいです。

なぜなら最初考えていた緯糸はどれを入れてもしっくりいかず、
例によってああでもないこうでもないといろいろ試して、
最終的に入れたのがこれです。
          紫ストール2
最初から全く頭になかったので、染めてもいない生成のままです。

シルクのつやもありとても軽く、仕上げをすればとてもいい風合いになると思うのですが、
もう少し赤みのある色だったらなあと考え込んでいます……
マフラー・ストール | Comments(0) | Trackback(0)
2010/12/03.Fri

整経しました

いよいよ12月に突入ですね。
気分的にも慌ただしくなります。

裂き織りはまだ終わらないけれど、紫ストール2本分
整経してみました。

             紫ストール整経2
          紫ストール整経1
あまり変わりばえしませんが、濃淡の色の巾を逆転させてみました。
使った糸はこれです。
          紫ストール糸

いずれもシルクの紬糸です。
濃い色の糸は染料はコチニールの鉄媒染その他。詳しくは11月22日の「重ね染め」をご覧ください。

ピンクの糸は1つは先日使った桜の銅媒染。
もう一つはコチニールをほんの少量使い、しっかり鉄媒染したものです。

今年いっぱいは織りに集中し、年が明けたらバッグ作りなどしたいなと思っていますが……
 
マフラー・ストール | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |