2010/11/29.Mon

織っても織っても……

当初の予定では今月中に今張っている経糸の裂き織りを終わらせるはずだったのですが、
今月も残すところあと1日。

どうも無理のようです。まだ2mくらいは残っているのではないかと。

         裂き布
緯糸の裂き布はたくさんあるのですが、ああでもないこうでもないと迷いながら織っているので
なかなか進みません。

でも織りながらそろそろ次のことも考えています。

まずは、先日織り上げた桜のシルクストールと同じ要領で何枚か織ってみようと……

         染め糸3
せっかくなので先日重ね染めした紫系の糸を中心に、在庫の糸も併せて計画を
立ててみようと思います。

ちょっと大人の雰囲気になるのでは……?

こうやって頭の中でイメージをふくらませている時間が楽しいですね。
スポンサーサイト
織り | Comments(0) | Trackback(0)
2010/11/25.Thu

裂き織り織ってます

11月もあとわずかになりました。
来週はもう師走です。
1年がだんだん早くなりますねぇ。

裂き織りも少しずつ進んでいます。
       裂き織り布7
       裂き織り布6
       裂き織り布4
早く織り上げたいと思うのですが、一度に長時間は織れなくて……
腰というか股関節というか、痛くなるんです。
今日、ちょっと椅子の高さを低くしてみました。

裂き織りは思いっきり打ち込めるので織っていて気持ちがいいんですけどね。


織り | Comments(0) | Trackback(0)
2010/11/22.Mon

重ね染め

作品展に向けて少しずつ気持ちが定まってきているように思います。

今回は初めてなので、今までの総復習といった感じでいくことにしました。
今まで自分が作ってきたものに少し新しい工夫や変化を持たせた作品を作っていこうと。
今から新しいことに挑戦するのは時間的に難しいと思うので。(今のところ予定では3月とのこと)

まずは、バッグ用の裂き織りを終わらせましょう。
このブログを始めた頃経糸を20m整経していたのですが、まだ5~6m残っているんです。
        裂き織り3


そして、毎日たくさんの染め糸を眺めながら作品のイメージをふくらませています。
毎日眺めていると、「この糸もう少し赤みが欲しい」とか「同じ色でちょっと風合いの違う糸が
欲しい」とかいろいろ考えるんですね。

そして以前紫色のストールの依頼を受けて何種類か染めた糸の中に、
思うような色にならず出番を失っていた糸がいくつかあるんです。
その中の1つ、色自体は渋くていいと思うんですが、ストールにするとちょっと暗くて
どうかなと思う糸。今日ふと思いつきました。梅で重ね染めしてみたらどうだろうと……

やってみました。
        重ね染め2
元の色の写真を撮り忘れたのですが、ほんのり赤みが増していい感じになりました。
最初の色はコチニールで染めて鉄媒染したものだったのです。
鉄の量がちょっと多すぎたのか、暗くて渋い色になってしまいました。
鉄媒染の時は少しずつ色を確認しながらしないと、一気に色が変わってしまうので
要注意ですね。

その反対の場合もあるんです。
同じくコチニールで染めて、少し色を渋めにしようと鉄媒染したのにあまり効果がなく
派手目なままで出番をなくしていた紬の糸。
これもついでに梅で重ね染めしてその後鉄媒染してみました。
        重ね染め3

ちょっと渋みが増していい感じになりました。

いずれも我流で手当たり次第やっていますが、思いついたらすぐやってみたくなるんです。

失敗も多いですが、楽しいですね。
失敗したらこうやってしばらく眺めながら次の手を考えるのもいいですよ。

何年か前に伊兵衛織の創作展へ行ったときに聞いた話ですが、
思い通りの色になるまで30回くらいは染めるとのことでした。
どれも深みのあるいい色でした。

そこまでは出来なくてもいろいろやってみるのも素人の楽しみです。
そのときくれぐれも記録をとっておくのを忘れないように……
染め | Comments(0) | Trackback(0)
2010/11/18.Thu

和綿の糸を染めました

朝からいいお天気で、染め日和でした。

先日紡ぎ終えた去年の和綿を染めました。
藍染めですが、本藍ではなく簡単に染められる大和藍で染めました。
            大和藍
            藍染め
これは水だけで簡単に染められ、とてもお手軽です。

まだ染め液が残っているので、様子を見ながら何度か重ね染めをしようと思います。
上に羽織るものなので、ちょっと濃いめの色がいいんじゃないかと思うんです。



作品展に向けて計画を立てなければいけないのですが、なかなかいい案も浮かばず、
時間だけが過ぎていきます。
だいたいやりたいことが多く、あれもこれもやっているので、これが自分の作品と
胸を張って言えるものは何なのか……


出番を待っている糸がこんなにあるので、これらの糸を中心に考えていこうと思います。

         染め糸1
         染め糸2

作品がないのに作品展というのもちょっとおこがましいですね。
でも、がんばります。
染め | Comments(0) | Trackback(0)
2010/11/16.Tue

倉敷本染手織会作品展

今朝は冷え込みましたが、朝から穏やかないいお天気です。
今日は倉敷本染手織会の作品展を見に行ってきました。
             手織り研究所
倉敷の美観地区の中に倉敷本染手織研究所という本染手織の学校があるんです。
学校と言っても毎年6~7名の手織りを目指す人たちが全国から集まって1年間
寝食を共にしながら染めや紡ぎ、織りを学ぶところなんです。(通いもあるようですが)
倉敷本染手織会というのはその卒業生たちの集まりのようです。
毎年、この時期にその作品展を倉敷民藝館でやっています。

今日の作品展の様子です。
     作品展
どれも生活に根ざした暖かみのある作品ばかりです。
とても参考になるんです。


私は、倉敷に嫁いで35年ほどになりますが、恥ずかしながら自分が手織りを始めるまで
この研究所のことを知りませんでした。
若かりし日、この美観地区の近くに住んでいたので、産前産後の休暇の頃はよく人
のいない朝の美観地区を散歩していたんですよ。

手織りを始めてから「えっ、こんなところにこんなものがあったんだ」という感じでした。
看板もとても控えめなもので見つけにくいです。看板というよりちょっと大きめの表札
といった感じです。

と言うことでお近くの方はぜひ作品展ごらんになってください。

遠くの方は、倉敷に来られた際はぜひ民藝館をのぞいてみてください。そこにも土産物として
手織りの作品が置かれています。

      倉敷

今日はちょっと倉敷の宣伝をさせていただきました。

織り | Comments(0) | Trackback(0)
2010/11/15.Mon

カテキュー

知人からの頼まれものが一段落したので、次の計画を立てています。
と言うか立てようとしています。

作品展に誘われたんです。6~7人のグループ展です。
作りたいものはいろいろあったけれど、作品展となると
ちょっと考えますねぇ。

初めてなんです。作品展。
いつかはやってみたいなと思っていたので、いい機会だと思い、
参加の返事はしたのですが、どんなものが出せるか……考え中です。

ただ考えていても仕方がないので、材料作りをしながら……

昨日やったのは、これ。
         カテキュー
  
着物の裏地を染めました。茶系の色が欲しかったのでカテキューを使ってみました。
右の濃い色は鉄媒染、左の薄茶は二番染めで無媒染です。
これを裂きます。

そして今日やったのは、糸の巻き直し。
        糸巻き直し
1ヶ月ほど前に柿渋で染めた糸を干していたのですが、
どうしても外側と内側の色の差が大きくなるので、
巻き直して干したらいいんじゃないかと思って……

布を裂いたり、糸を巻いたりという単純な作業は考え事にはいいですね。
気持ちも落ち着きます。
染め | Comments(0) | Trackback(0)
2010/11/13.Sat

やっと完成です

風邪でダウンしていました。
なぜ今頃風邪を引いたのか自分でもよくわかりません。

熱は37度前後の微熱なんですが、それが2~3日続きました。
今までなら薬を飲んで一晩寝れば治ったような風邪なのに……
年のせいでしょうか。

そして、桜のストールがやっと完成しました。
           桜ストール2
           桜ストール3

サイズは40㎝×182㎝ 房の長さは7.5㎝ 重さは120㌘でした。
筬は70羽/10㎝ 
かなり柔らかく織ったので夏の日よけにも使えると思います。 

          桜ストール4

シルクは水通しをして仕上げをするとぐーんと風合いが変わって、しなやかな何ともいえない
肌触りになりますね。とても気持ちがいいです。

さて次は……
マフラー・ストール | Comments(0) | Trackback(0)
2010/11/06.Sat

小枠に糸をとる

昨日今日といいお天気です。気持ちがいいですね。

桜のストールやっと織り始めました。

        桜ストール1

経糸はこんな感じです。少し色と太さの違う糸を交ぜました。
ささやかにラインが出ています。
緯糸は一色で行こうと思います。

さて、ヤフオクでこんなものを買ってしまいました。
        座繰り
カセから糸をとるとき今までは玉巻き機で巻き取っていました。
おなじみのロイヤルの「まきまき」です。
玉巻き機
でもこの玉巻きだと、細い糸(特にシルク)で整経するときイライラものでした。
大管や小枠にまき直せばいいのですが、そのときもすっぽ抜けたりもつれたり……

で、カセからじかに小枠に巻き取れる座繰り機が欲しかったのですが、これも
新品は高いのでどうしようかと迷っていました。
東京手織りさんの電動糸巻き機は持っているんです。これは小管、大管、小枠、大枠と
オールマイティーなんですが、カセからじかにとるにはちょっと難が……
手動がいいんです。

使えるかどうか不安でしたし、これ以上道具を増やすことにためらいもあったのですが、
これは使えなくてもおいておくだけでも雰囲気がいいし……と自分に言い聞かせ、入札。
落札してしまいました。

実際使ってみると、負荷がかからないときはカカラからと気持ちよく回るのですが、
カセからとるときに負荷が大きいと空回りしてしまいます。
具合を見ながらこつをつかめば何とか使えそうです。
ただ、この音だけは何ともならないかもしれません。うるさいです。

かくしてまたまた道具が増えることに……。
道楽ですから仕方ないですかねぇ。
織り | Comments(0) | Trackback(0)
2010/11/03.Wed

有田・伊万里・唐津

桜のストールを途中止めにして、旅に出ていました。

嘱託ながら勤めをしている夫が休みを取れるときには、
毎日が日曜日の私は織りの手を休めてつきあわねば……

今回は有田、伊万里、唐津と陶器の里を訪ねました。

11月1日 有田の陶器市はまだなので有田の町並みは静かで風情がありました。

       有田2
有田へ来て一番驚いたこと、佐賀県立九州陶磁文化館で見たトイレ。
有田
あちらにもこちらにもすべて有田焼。
そうやってみてみると、ドアの取っ手から、町の標識、地図、
名所旧跡の説明に至るまでこれでもかと言うくらい有田焼でした。

11月2日 伊万里へ行きました。窯元が多く集まる大川内山。
ここはちょうど陶器市をしていて賑やかでした。賑やかとは言っても
山間の小さな集落なので、人でごった返すというほどではありません。
それぞれの窯元の焼き物がゆっくり見て回れました。

午後は友人から勧められた七ツ釜へ。
全然知りませんでしたがすごいスケールでした。柱状節理の断崖と洞窟です。
遊覧船に乗るつもりでしたが風のため欠航。残念でした。
七ツ釜
呼子の宿でいかと佐賀牛を堪能。

11月3日 最初の予定にはなかったのですが、せっかくだからと唐津くんちの曳山を見ることに。
朝の9時半から唐津神社の前から御輿と曳山が御神幸に出発するところだけを見学しました。
すごい熱気と迫力でした。
toz.jpg
このような曳山が全部で14体練り歩きます。2日~4日の3日間。
屋台や人出も大変なものでした。

さあ明日からまた織り始めましょう。  
| Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |