2017/07/01.Sat

◆ひのき草木染織工房~湯原温泉~大山◆

今日から7月ですね。
1年の半分が終わってしまいました。

昨日はお天気の不安を抱えたまま夫と車で出かけました。
目的は温泉とおいしい物とゆったりした時間だったので
お天気が悪くてもあまり気にせず出かけました。

今回の温泉は湯原温泉です。
たぶん私は初めてじゃないかと思うのですが。

途中、勝山の町並み保存地区へ立ち寄りました。
       勝山1 - コピー
平日と言うこともあり人通りは余りありませんでしたが、
ちょっとレトロな昔懐かしいたたずまいでとてもいい雰囲気でした。
ここはのれんが有名なんです。

       のれん8 - コピー
お店だけでなく一般の家庭にものれんが掛かっているお宅があります。
織りではなく染めののれんです。
その仕掛け人がこちらのご主人です。
       勝山1-2 - コピー
「ひのき草木染織工房」という築250年の酒蔵を改造した店舗兼ギャラリーです。

      ひのき
店内の写真はHPからお借りしました。

ご主人の加納容子さんが気さくにいろいろと教えてくださいます。
草木染めについていろいろ教えて頂きました。

何年か前に行ったときとは店内の様子もずいぶん変わっていました。

このあとはんざきセンターや湯原ダムを回ってずいぶん早めに
宿に到着です。
こちらの宿も以前は造り酒屋だったとかでウエルカムドリンクが冷酒でしたよ。
温泉もお料理もたいへん結構でした。


そして今日は、蒜山と大山を回って帰ってきました。

蒜山では塩竃の冷泉を持って帰るんだと夫が2リットルのペットボトルを
3本持って行っていましたが、何人かの先客を見るとペッボトルを
持ってきている人なんていませんでした。皆さん大きなタンクです。
それもいくつも……
       塩竃1 - コピー
       塩竃2 - コピー
この冷泉は年中11℃の水温とか……
5秒と水に手をつけていられません。
とても冷たくておいしい水です。

そのあと大山へ……
ブナ林の中を気持ちのよいドライブでした。

       大山1
        大山2
       大山3
お天気はイマイチでしたが雨に降られることもなく
の~んびりした二日間でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ


スポンサーサイト
| Comments(0)
2017/06/15.Thu

◆綿の生長……そして iichi へ出品しました◆

今日も朝から気持ちのいいお天気です。
6月も半分過ぎてしまいましたよ。
もうすく1年の半分が過ぎると言うことで……

綿が順調に大きくなっています……と言いたいところですが、
生長にずいぶん差があります。

一番いいのは緑綿。
プランターではありますが、一日中日が当たってすくすく生長しています。
       綿15-1

一番貧弱なのは茶の和綿。
昼頃まで日は当たりません。
一番小さいものはまだ10㎝ほどです。
       綿15-2

日当たりの関係かなとも思うのですが、その中でも大きく育っているものもあり、
個体差かなとも思います。
日当たりのいいところがいいのは間違いないと思いますが……


さて、重い腰を上げて iichi へ出品しました。
とりあえず4点。

       iichi4

今日も少しずつ出品していこうと思います。
なかなか写真がうまく撮れないので気が重いのですが、
出しておかないと買って頂けないしね。
よかったら覗いてみてください。  → 


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ

| Comments(0)
2016/11/13.Sun

◆小豆島 2……立派な醤油蔵◆

今日は第2回岡山マラソンの日です。朝からいいお天気でよかったですね。
昨年の第1回はとても盛り上がったようなので、今年も皆さん頑張って欲しいですね。

さて、昨日小豆島のミニ旅行から帰ってきました。
船で1時間少々で行けるところなのに、60数年の人生で初めて行ったんです。
「寒霞渓」という紅葉の名所は子供の頃から耳にしていました。
子供の耳には「カンカケ」と聞こえて耳に染みついていたのですが、
それが「カンカケイ」と言う名前だと知ったのはこの漢字の地名を見たときなので
ずいぶん大人になってからです。

一日目は坂手港の近くのホテルに泊まり、昨日は朝一番に
近くにある「マルキン醤油記念館」へ行きました。

大きな樽を通り抜けると立派な造りの建物の中に昔の道具が
たくさん展示されていました。
       マルキン1
       マルキン2

これは麻の醤油袋です。
       マルキン3
醤油を絞るときに大きな力が加わるので丈夫な麻の袋が必要で、
それを縫ったり補修したりするための工業用ミシンです。
       マルキン4
なかなか見応えがありました。

中でも一番圧巻だったのは、記念館の向かいにある天然醸造蔵でした。
       マルキン5
       マルキン6
漆喰の白壁が続く醤油蔵の中は……
       マルキン7
秋田杉を使用した大きな木桶が4列で100mにわたって並んでいます。
これは外の小さな窓からしかのぞけませんがすごい迫力でした。
この醤油蔵の中で自然な状態で発酵・熟成させるのだそうです。
歴史の重みを感じました。

この周りにはこのほかにもたくさんの醤油や佃煮の工場があって、
町にはお醤油の香りが漂っています。

そしておそるおそる食べた醤油ソフトクリーム。
ほんのりお醤油の香りがしておいしかったです。
       マルキン8

このあとオリーブ公園でオリーブの勉強をしたり、そうめんの
昼食を頂いて帰路につきました。



お天気にも恵まれ、のんびりリフレッシュできたので今日からまた
作品作りを頑張ります。

着物リメイクや和小物を作られる和ゆうさんとの二人展の計画も具体的になり、
次の目標ができました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2016/11/12.Sat

◆小豆島に来ています◆

香川県の小豆島に来ています。

昨日、母を実家へ送っていったその足で新岡山港からフェリーに乗って
小豆島の土庄港へ……1時間10分の船旅でした。
      小豆島1
昼前に土庄港へついたので昼食を済ませて、まずは寒霞渓(かんかけい)を目指しました。
紅葉の名所です。

紅葉にはちょっと早かったのですが、それでも美しく色づいた木々があちこちに……
      小豆島3
      小豆島2
      小豆島4
      小豆島5
車でやってきたのできれいな紅葉を見つけては写真を撮りながらのんびりと、
気持ちのいいドライブでした。
      小豆島7
寒霞渓へは下からロープウェーで登ることもできますが、
私たちは車で直接。平日でしたが観光バスもたくさん来ていました。
お天気はとてもよかったのですが、遠くはちょっと霞んで瀬戸の島々は
あまりはっきりとは見えずちょっと残念でした。

頂上の展望台は標高700mくらいでしょうか。




次に寒霞渓を下って二十四の瞳の「岬の分教場」を目指しました。

こんなくねくね道を下り……
      小豆島
途中の道の色づきかけた紅葉を楽しみながら……
      小豆島8
      小豆島9
こんな道がずっと続いています。
寒霞渓から分教場までは40分~50分くらいかかりました。

実際の「岬の分教場」から少し走った岬の先端に「二十四の瞳映画村」があります。
      小豆島12

ここには昔の学校や民家のセットがそのまま残されていて
とても懐かしい感じがしました。

二十四の瞳だけでなくいろんな映画やドラマで見たことのある風景が広がっていましたよ。
      小豆島11
      小豆島13
      小豆島14
      小豆島15



さて、今日はお醤油や佃煮の勉強をしながら土庄港を目指します。
小豆島は本当にお醤油屋さんが多いですよ。

お土産もお醤油だな……きっと……

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2016/08/07.Sun

◆今治タオル美術館から我が家へ……◆

昨日の続きです……

今治タオル美術館で圧巻なのはなんと言ってもこのチーズコーンのディスプレイ。
館内のあちらこちらで見られますが、これは美術館のもの。

       今治8

4階と5階が美術館になっていて有料です。でも65歳以上は割引があり500円でした。

4階は綿からタオルに織られるまでのタオルの製造行程が見られます。
ここから……
       今治9
       今治10
実際に糸になる行程があり……(省略)
そして実際に織られているところまで。
       今治6
       今治7
このジャガードが実際に織っているところが見られます。

5階は作品展示でムーミンとキャシー中島さんのキルトと
俣野温子さんのタオルアートコレクションが見られます。
なかなか興味深い展示でした。

そのほかの部分はショップです。タオル製品やムーミングッズが
これでもかというくらいたくさんありましたよ。


さて、帰りは今回もしまなみ海道を通って帰りました。

しまなみ海道の橋の部分には自転車道が併設されているので
自転車や歩いて渡っている人の姿もちらほら見かけました。

     今治11
ちょっとわかりにくいですが赤の矢印の人は自転車で渡っていましたよ。
そしてちょうど私たちの車の前を走っていたのは貸し自転車の回収車でした。
      今治12
車の後ろには「今治市レンタサイクル回収車」と書いてあります。

本州の尾道から四国の今治までレンタサイクルを使って渡ることができるんだそうです。
そして途中で乗り捨てることもできるそうで、この車はそれを回収して回っているようです。

橋の上を自転車で走ったら気持ちがいいだろうなとは思いますが、
橋の部分より島の部分が多いので全部を渡るのはたいへんでしょうね。
でも自転車が好きな人はそんなことは思わないのかな。

今回の高知への旅ですが、倉敷から高知までは高速で2時間半ほどだったので
行きはずいぶん近く感じたのですが、そこから足摺、そして足摺から今治までは
結構時間がかかりました。今回は事前準備があまりできていなかったのですが
温泉と料理は大満足で、旅行前の体調不良もすっかり回復しましたよ。

ここのところパックでの旅行が続いていたので、今回のように気ままに見たいところで車を止め、
その土地の空気を感じながら、のんびり車を走らせるのもやっぱりいいなと思いました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2016/08/06.Sat

◆足摺から今治タオル美術館へ……◆

高知の旅から帰ってきました。
南国高知が暑いなんて言うのは私の勝手な思い込みでした。
岡山の方がずっと暑~い!!

さて、今日は旅の3日目ですが……

その前に……
昨夜はホテルの人の案内で星を見るツアーに参加しました。
ホテルの近くの足摺岬展望台から夜空を見上げると満天の星
久しぶりにあんなにいっぱいの星を見ました。
天の川を見たのは何十年ぶりでしょう!!
ホテルの人がレーザー光線を使って星の説明をしてくださったのも
とてもわかりやすく、大昔に学校で習ったことを思い出しました。

そして今朝は、その足摺岬の展望台へまず行きました。
昨日は真っ暗な中を歩いたので何が何だか全然わかりませんでした。

       高知1
       高知2
ここにはジョン万次郎の大きな銅像が建っています。
そしてこの足摺へ来る道中至る所に 「目指せ! ジョン万次郎を次の大河ドラマに!!」
と言う看板が立っていました。かなりの力の入れようです。
この銅像を見て地元の皆さんの熱い思いもなんとなく納得がいきました。


そして、この絶景です。

       高知3
       高知4
この灯台の光は水平線の高さを照らしているんだと昨日の星の観察の時に
教えてくださいました。照らす角度は270度だそうです。
ここに立ってみると水平線がまーるくなっているのがわかります。

そして、このあたりの道にはツバキロードとか椿街道と言う名前がついています。
ここにも椿の森があります。
       高知6
こんなにたくさん椿の木が植えられているのを初めて見ました。
椿の木のトンネルです。

花の季節はどうなんでしょうか。

河東碧梧桐の 「赤い椿 白い椿と 落ちにけり」と言う句が
つい思い出されましたが、あのような情景になるのでしょうか。




特に3日目の予定は決めていなかったのですが、来た道を引き返すというのも
あまりに芸がないので東の愛媛県側を回って帰ることにしました。
ならば、何年か前に道後へ行った帰りに立ち寄る予定にしていたのに、
雪のためにいけなかった今治タオル美術館に行ってみようということになったんです。

まるでお城のような建物で思っていたより大きかったです。
       今治1

そしてついこういう物に目がいってしまうんですよね。
       今治3
どうと言うことはないモザイク画のようですが……

       今治4
と言うことで、ズームしてみると……
       今治5
こんなことになっています。
よく考えつきますね。

ちょっと長くなってしまいました。
続きは明日と言うことで……


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2016/08/05.Fri

◆四万十は大きな川でした◆

高知の旅2日目です。
今日は松葉川温泉から四万十川を下りながら足摺までやってきました。

四万十川といえば沈下橋。
川を下りながら沈下橋を見つけては写真を撮っていました。
       沈下橋1
       沈下橋2
       沈下橋3
       沈下橋4

そして、途中で屋形船に乗りました。
       屋形船1
       屋形船2
とてもいい風が吹いて、気持ちのいいひとときでした。

今日は四万十川一色の一日でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2016/08/04.Thu

◆高知へやってきました◆

朝、ゆっくり目に家を出て高知へやってきました。

昨日のブログで「テンションだだ下がり」なんて高知の人に大変失礼なことを
書いてしましましたが、その原因は別のところにあったんです。
実は昨日は体調が思わしくなく、熱を測ってみると37度前後を
行ったり来たり……何をするのも体がだる重~っていう感じだったんです。
本当にごめんなさいね。

今朝は本調子ではありませんが、まずまずの体調で、この旅行を
楽しむつもり満々です。

ということで、久しぶりに瀬戸大橋を渡りました。
       瀬戸大橋1
       瀬戸大橋2
お天気はよかったのですが、景色はちょっと霞んでいましたね。

瀬戸大橋は高速道路ですが、最高速度は80㎞/hです。
そして高速道路には珍しく最低速度50㎞/hの表示があります。
そういえば瀬戸大橋開通時みんな路肩に車を止めて記念撮影を
していましたね。もちろん私たちもしましたよ。
今でもできればもう少しゆっくり走って景色を楽しみたいと思いますよね。
瀬戸内海の島々がとてもきれいなんですよ。
さすがに今ではそんなことをする人はいません。 たいへん危険です!!

倉敷から高知までは高速を使えば2時間半ほどです。
私の体調が本調子ではないのでまっすぐ宿を目指したのですが、
せっかくなので途中土佐和紙を見にいの町の「紙の博物館」へ
立ち寄りました。→紙の博物館
そして旅行雑誌に載っていた近くにあるはずの
ペーパー・ラボというお店へ寄ろうということになり、あちこちうろうろ
して、いろんな人に聞いてやっと見つけました。
       ぺぱー3
こんなに目立つ看板があるのを知ったのは、あちこち回った末に
たどり着いた後でした。

小さな和紙を扱うお店て゛したが、私が興味を持ったのは
2階のアウトレット商品でした。
       ぺーぱー4
古くなって黄ばんだものやロールの切れ端などそれぞれ
訳ありの商品ですが、腐っても和紙です。
びっくりするほどお安いものや、これを染めて○○にすれば
面白いかも……といろいろアイディアが浮かんで、また悪い癖を出し、
ものになるかどうかはわかりませんがたくさん仕入れてしまいました。

そして今日の宿は四万十川の源流近くの松葉川温泉です。
       松葉川1
       松葉川2
宿の周りは自然がいっぱいの静かな宿です。

明日は四万十川をゆっくり下って足摺岬まで行く予定です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2015/11/20.Fri

◆かにと天橋立……◆

温泉とカニを堪能してきました。
       露天
部屋についている露天風呂です。中庭付きです。
のんびりゆったり温泉につかることができました。

カニづくし……
       露天2
一人に一杯のカニがついて、料理もいろいろカニづくし。
予想通り食べきれませんでした。
このゆでガニだけはお持ち帰りが可能と言うことで、
母と私、二人で一杯のカニを頂き、残った一杯は娘のために
お持ち帰りにしました。さきほど夕食にみんなでおいしく頂いたところです。

昨日は、岡山を発つときはとてもいいお天気だったのですが、
宿へ着く頃には小雨がぱらぱら……
どこへもよらずまっすぐ宿へ直行し、のんびり露天風呂につかりました。


でも、今日は打って変わっていい天気。
予定通り天橋立へ。

       天橋立1
       天橋立3

お天気がよかったので海もとてもきれいでみんな大満足でした。

恥ずかしながら、天の橋立のなんたるかを初めて知りました。
       天橋立4
百聞は一見にしかず……

昔から歌や絵に描かれた日本を代表する景勝地であることは
よく知ってはいたのですが、今回初めてやってきて……納得です。

母も喜んでくれたので、連れてきてよかったです。

心残りは丹後ちりめんの里として見てみたい施設が
いろいろあったのですが今回はすべてパスしてしまったこと……

いつかまた来れればいいなと思いました。


にほんブログ村

| Comments(0)
2015/09/24.Thu

◆帰りましたよ……◆

北海道4日目。
今日も朝はいいお天気でした。
今日は帰るだけ。新千歳から羽田で乗り換えて岡山に着いたのは
午後4時過ぎでした。家へついたのは午後5時。

ゆったりした旅です。
普通のパック旅行なら2泊3日に押し込めなくもない行程ですが
このパック旅行を気に入っていることの一つがこのゆったりした日程です。

年寄りにはこのゆったり感がごちそうです。

北海道でおいしいものをいろいろ仕入れてきたので
それらで簡単ながら、おいしい夕食を済ませたところです。

昨夜のホテルは新富良野プリンスホテルでした。

ここは早めにチェックインするといろいろ見て回るところが
たくさんあるようです。

私たちはお風呂と夕食を済ませたあと、ホテルの隣にある
「ニングルテラス」という施設を楽しみました。

15軒のクラフト作家さんのお店が並んでいます。
夜も8時45分までの営業なので夕食のあとでもゆっくり楽しめました。
       にんぐる1
       にんぐる4
       にんぐる3
       にんぐる2
昼間の雰囲気はよくわかりませんが夜は夜でとてもいい雰囲気でした。

今回の旅は4日ともお天気に恵まれ、それが何よりでした。

さて、明日から次の目標、倉敷てづくり市に向けて
頑張ろうと思います。
あと1ヶ月を切りましたね。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2015/09/23.Wed

◆北海道3日目~旭岳・富良野◆

今日は昨日以上にいいお天気で、一日中雲一つない青空でした。

まずは旭岳ロープウェーからのスタート。
昨日の黒岳の人の波が頭に浮かび心配しましたが、
午前中ということもあり、また連休最終日とあって、
昨日のようなことはありませんでした。
ロープウェーで標高1,600m地点まで登り、昨日同様
ネイチャーガイドさんと一時間ほど散策しました。

残念ながら紅葉のピークは過ぎたということでしたが、
まだまだきれいな紅葉が見られました。

      旭岳1
      旭岳2
      旭岳4
とくにお天気がよかったので、姿見池ではくっきりと旭岳が映し出されました。
      旭岳3
ロープウェーの中からは上に上がるにつれてだんだん木々の色が
変わっていく様子が見られました。
      旭岳5



午後は車窓に美瑛の景色を眺めながら富良野の富田ファームで
色とりどりの花を楽しみました。

      富良野1
      富良野2
      富良野3

今日の一番のごちそうはこのお天気だったように思います。

アマチュア写真家の方々は、お天気がよすぎて写真が白んでしまうので
もう少し雲があった方がいいなどと贅沢な不平を言っていましたよ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2015/09/22.Tue

◆北海道2日目~銀泉台・黒岳ロープウェー◆

北海道2日目です。
お天気は申し分ありません。

まずは銀泉台を目指しました。
25年以上も前に子供たちをつれて来たことがあるのですが、
そのときにはなかったマイカー規制が実施されていました。

マイカーの人はふもとからシャトルバスに乗り換えて登山口まで行きます。
私たち観光バスはシャトルバスの後について赤岳登山口まで行くことができます。

       銀泉台1

銀線台付近では美しい紅葉があちこちに見られました。
       銀泉台2
       銀泉台3
       銀泉台4
       銀泉台5


紅葉を堪能した後、三国峠を回って層雲峡へ……

すごい車の量です。駐車場は満杯で道の片側に
ずーっと路上駐車しています。

層雲峡駅から黒岳ロープウェーに乗って五合目まで行きましたが、
こちらもすごい人です。
残念ながら五合目ではそれ程の紅葉は見られませんでした。

ここからリフトに乗って七合目まで行き、そこから一時間か一時間半ほど
歩くと頂上へ行けます。頂上まで行くと銀泉台で見たような
紅葉が見えるそうです。

午後1時45分のロープウェーに乗って五合目まで行ったのですが
ここでは降りる人の長蛇の列が…… 
       黒岳1
       黒岳2

五合目での散策は30分ほどで切り上げ帰りのロープウェーの列へ……
私たちが並んだときには列はリフト乗り場までつながっていました。
待つこと一時間半。下へ降りたのは4時10分。 疲れました。

それに午後3時を過ぎるとだんだん冷え込んできて、
おまけにじっと立っているだけなのでとても寒くなりました。
準備していたダウンのベストが役に立ちました。

こちらの紅葉はちょっとがっかりでしたが貴重な経験をしました。
それに並んで待っている間に同行したネイチャーガイドの方に
いろいろ面白い話をお聞きすることができ、ちっとも退屈することなく
時間を過ごすことができましたよ。

明日は旭岳と富良野の予定です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2015/09/21.Mon

◆北海道へやってきました◆

羽田で飛行機を乗り継いで北海道へやってきました。

今日は宿泊先の層雲峡へやってきただけです。
到着したのは午後6時前。
外は真っ暗で、どんなところなのか全くわかりません。


飛行機からの画像です。
今日の富士山。

       富士山
「あーたまをくーもーのうーえにだーし……」という歌の通り
頭だけが見えました。

そして、北海道。着陸準備に入ると「北の大地」が窓の外に見えました。
       北海道1
こういう風景を見ると北海道にやってきたなぁという感じですね。

明日は銀泉台と黒岳です。

今回は登山の旅ではないのでケーブルカーで登って
ネイチャーガイドの方と散策です。

紅葉が楽しみです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2015/09/20.Sun

◆旅のお供と強い味方……そして今日作ったもの◆

今日もいいお天気で暑いくらいでした。

今日は一日中旅行の準備や家の片付けでばたばたしていました。
でもなんとか準備も完了。
連休中はどこもお天気が良さそうなのでほっとしているのですが……

そして旅のお供に何を持って行こうかと考えていましたが、
今回は手づくり市も間近に迫っているので、丸織り機を
持って行ってみようと思い準備しました。

       丸織り9
どれだけできるかわかりませんが、気持ちだけでも手づくり市へ
向けたいなと思っています。

そして今回の旅行の強い味方。
これさえあれば大丈夫。

       ダウン

寒さ対策です。平地はそれほど心配はしていないのですが、
山の上はどうでしょう。全く見当がつかないので以前から欲しかった
これを買いました。

ユニクロのダウンです。 ベストとジャケット。

左の毛糸は大きさの比較のために置いてみました。
とても薄手でコンパクトですが、そこはダウン、暖かいです。
これが必要かどうかはわかりませんが、準備さえしていれば安心です。

これで準備万端整いました。


そして、今日のドタバタの合間にこんなものを作りました。
パソコンカバーです。……というかパソコンケース?

       カバー1
       カバー2
       カバー3
夫の仕事用のノートパソコンが壊れてしまったので
中古で小さくて軽いパソコンを買っていたんです。

きょう百均に行った時に、これだという材料を見つけ、早速カバーを作ってみました。
裏地もなければポケットもない、ただの袋ですが……

材料はマイクロファイバーマット35㎝×45㎝を2枚。そして家にあったマジックテープ。

2枚を縫い合わせてマジックテープをつけただけ。
ほどよい厚みがあり手触り最高!!

材料費200円、制作時間15分。

我ながらよくできたと思っています。(自画自賛)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2015/09/19.Sat

◆旅支度……とうとう買ってしまった◆

今日は朝からいいお天気で、最近の服装では
ちょっと暑いくらいでしたね。

さて、あさってからちょっと旅に出るので、
今日はちょっと早めのお墓参りに行ってきました。
そのあと、旅行準備の買い物に行ったのですが、
そこでとうとう買ってしまいました。
        キャリー
キャリーバッグです。

私はあまりキャリーバッグが好きではなく、
いつも昔ながらの旅行バッグを使っていましたが、
家族はみんなキャリーバッグ……

そろそろお母さんもキャリーにした方がいいんじゃない?と
気遣ってくれるのですが、私が頑固に拒否していたんです。
でも前回も今回も飛行機の旅……
預けてしまえばとても楽ちんだし空港にしても駅にしても
ころころ転がすのは確かに楽。今回も3泊なので荷物は多いし
買っちゃおうか……ということになったんです。

行き先は北海道!!
紅葉を楽しみにしているのですが、迷うのが服装。
何を着ていこうか、持って行こうか……頭を悩ませています。
でも今回もパック旅行なので頭を悩ますのはそれだけです。

明日もう一日あれこれ頭を悩ませましょう。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2015/07/25.Sat

◆避暑に行ってきました◆

プチ避暑に行って参りました。

毎年、夏になると高原、高原と言えば信州……と
東の方の高原にあこがれてよく出かけていましたが、
今年はちょっと近場で涼しいところがあるんじゃない?と
我が家から車で3時間ほどの広島県の吾妻山というところへ
行ってきました。

いつもブログに登場するsalt さんが先日ご主人と行った
国民休暇村の吾妻山ロッジがなかなかよかったと言うことを聞いていたので
標高1000mということにも惹かれてちょっと行ってみたんです。



山の中にぽつんとある部屋数17部屋ほどの小さな宿舎ですが
とてもアットホームでリラックスできました。

       吾妻山1
       吾妻山2
       吾妻山5
   吾妻山8
       吾妻山6

でも自然以外なぁーんにもないんです。
自然だけはたーっぷりあるんです。
夜は蛍の観察会もありました。とても幻想的でしたよ。

温泉もないし特別豪華な食事があるわけでもないし……
でも大浴場は気持ちがよかったし、地元の食材を使った食事は
気持ちをほっこりさせてくれました。

それにやっぱり涼しい。とても爽やかで気持ちがよかったです。
こういうところで連泊してのんびりするのもいいねぇと夫と意見が一致しました。

今日は帰る途中、庄原ICのそばにある国営備北丘陵公園を
ちょっとのぞいてきました。今は花の時期ではなかったのですが
いろんな施設が充実していて子供を連れて行くにはいいでしょうね。
とにかく広かったです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

| Comments(0)
2015/06/10.Wed

◆ヨーグルトスプーン……?◆

明日は田植えでしょうか。
先ほどから田んぼに水を入れるポンプの音が賑やかです。

さて、先日旅行で行った軽井沢で買ってきたお土産です。
旧軽井沢銀座を歩いていたときに見つけました。

まず名前に「へっ?……」、そして形に「はっ?……」   
        スプーン1
普通のスプーンがちょっと小首をかしげたような形です。

我が家の朝食は毎朝パン食でヨーグルトも毎日食べています。
夫の作る大量のジャムを消化するにはこれが一番です。

ちょっと半信半疑でしたが、これも何かの縁と軽井沢の記念に買って帰りました。
早速日曜日の朝からこのスプーンでヨーグルトを頂いていますが、
これがとってもいいんです。口当たりがとてもなめらかで、このちょっと小首をかしげた
形が絶妙です。ただし、右利き用ですね。左利きの方にはとっても使いにくいでしょうね。

作家の方のお名前を聞くのを忘れてしまいましたが、
        スプーン2
裏側に「も」の銘が入っています。

旅先でこういう日常使いのちょっとした物を買うと
いつまでも旅のことが思い出されていいですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2015/06/07.Sun

◆クラシックホテルを巡る旅……◆

3泊4日の旅から帰ってきました。
今回は「クラシックホテルを巡る」というのがメインテーマなので
観光はあまりなくバスでの移動が多かったです。

でも一度は泊まってみたいと思うクラシックホテル3カ所に一度に泊まれるというので
ちょっと申し込んでみました。
旅の記録がてら簡単にご紹介しますね。

<第1日目>

岡山空港から飛行機で羽田へ。
羽田でこのツアー参加者や添乗員さんと合流です。
北は北海道から南は九州まで……というより北海道から来られた方々と
岡山より西から来られた方々、総勢30名でした。

まずは箱根の成川美術館へ。
       成川1
雨は降っていないもののちょっと怪しげなお天気でした。
成川美術館の休憩室からの眺めです。
芦ノ湖に浮かぶ遊覧船はよく見えたのですが、富士山はだめでした。
       成川2

そして第1日目の宿は箱根宮ノ下の「富士屋ホテル」です。

       富士や1
       富士や2

       富士や3
       富士や4
       富士や5
クラシックホテルという言葉がぴったりの古く落ち着いたホテルでした。
調度品や部屋の造りも独特で優雅にかつ落ち着くことができました。


<第2日目>

元々は大涌谷のロープウェーに乗って桃源台駅まで行く予定でしたが
大涌谷周辺には近寄れないので予定を変更して箱根園の駒ヶ岳ロープウエーに
乗りました。先日のブログにも書きましたが、お天気は申し分なく、この日は富士山も
これ以上ないくらいよく見えました。

これはロープウェーの中から……
       富士山1
これは駒ヶ岳山頂から……
       富士山2
これはお昼を食べた「富士ビューホテル」の展望室から……
       富士山3
どこから見てもくっきり見える富士山をこれでもかというくらい
写真を撮りましたよ。残念ながらどの写真を見ても同じ富士山でしたけれど……
でもこの富士山を見ただけでこの旅行に参加した甲斐がありました。

2日目の宿は「軽井沢万平ホテル」です。

       万平1
前日の富士屋ホテルとはぐっと趣が違い、余り凝った装飾はなく
瀟洒な建物でした。
       万平2
客室も普通のツインのお部屋と余り変わりはありません。
もちろん調度品などは年季の入ったものでした。
       万平3
       万平4
       万平6
あこがれていた軽井沢のおしゃれな落ち着いた雰囲気の
ホテルでした。

<第3日目>

この日の観光のメインは富岡製糸場です。
今話題の場所なので見学者も多くスタッフの方もたくさんいらっしゃいました。
       富岡1
       富岡2
       富岡4
これらの機械や建て物を維持・管理していくのは大変だろうなと思いました。
というより今までよく維持・管理してこられたなと感心しました。

繭から糸を引き出す実演もしていました。
       富岡3
工事や補修をしているところがあちこちにあったので全部がすっきりしたら
もう一度来てみたいなと思いました。

このあとわたらせ渓谷や華厳の滝を見て日光へ……

最後の宿は「日光金谷ホテル」です。
日本最古のクラシックリゾートホテルだそうです。

       日光金谷1
       日光金谷2
       日光金谷3
       日光金谷4
       日光金谷5
最初の富士屋ホテルと趣はよく似ています。(親戚関係だそうです)

どのホテルもそれぞれ格調高く誇りをもって伝統を守っている感じがしました。

本来なら団体でいくところじゃないんでしょうが……
でも一度泊まって納得しました。

    
そして最後の観光は日光東照宮。
       東照宮1
       東照宮4
       東照宮2
       東照宮3
今日は土曜日と言うこともあり観光客が多い上に小学生の
修学旅行と重なり、かなりの人混みでした。
陽明門や三仏堂は修理中で見られませんでしたが
それにしてもあの彫り物……
すべての建物のありとあらゆるところに彫り物があります。
たくさんの職人さんが彫ったのでしょうが、あのデザインというか
設計というか……誰がどのようにしたのでしょう。

簡単にご紹介と言いながら長々と書いてしまいました。
記録を残しておきたかったもので……
最後までお読みくださってありがとうございました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(2)
2015/06/04.Thu

◆今日は富士山がばっちり!! ◆

旅行2日目です。

今回の旅行はお天気はあまり期待できないと思っていたのですが
なんのなんの、今日は申し分のないお天気で、富士山がばっちりでした。

こんなに真近にはっきり見たのは初めてです。

残念ながら写真は帰ってからです。

今日の宿は軽井沢万平ホテルです。

ゆったりと優雅な時間を過ごしています。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(0)
2015/06/02.Tue

◆旅支度……◆

明日からしばらく旅行に行ってきます。
今日は朝から準備でばたばたしていました。

やっと一息ついたところです。
準備と言っても荷物をまとめるだけ。
今回は珍しくパック旅行なので旅行についての予習も準備も何もしていません。

楽と言えば楽ですが旅行に行くという実感があまりなくて……

とりあえず荷物はまとめました。
      旅行

まあイベントが終わった骨休みといったところでしょうか。

では行ってきます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
| Comments(0)
 | HOME | Next »